二時ごろの言い訳

水商売や恋愛のことをしゃべります。

【メス力】ごはんデートでは3箇所ほめろ!

神崎メリさんの「メス力(りょく)」を実践しているわたくし。自分のために記録を残したいと思います。

 

まず、スペック。

 

わたし(28)、彼氏のメガネ氏(39)。7月で付き合って1年になります。

干支はおたがいさるなのでひと回りちがいます。ま、あまり年齢は関係ないですよね。

 

去年のクリスマスですが、とくになにもしていません! クリスマスなにする? という話にもなりませんでした。なぜかはよく覚えていないのですが、メガネ氏の仕事が忙しかったように記憶しています。そしてわたしも土曜日はスナックに出ているのであまり日程調整がうまくいきません。

 

で、12月の頭くらいにフレンチに連れて行ってもらえることになりました。「クリスマスにはまだはやいけど……」と言っていたので、彼としてはこれがクリスマスイベントだったのだと推察されます。

 

神崎メリさんは、ごはんデートのときは最低3箇所ほめろ! というようなことをおっしゃっています。

 

1.予約してくれたこと

 

赤提灯系がおたがいすきなのであんまりはりきって予約! ということはありませんが、メガネ氏はそういう場合はかならず予約してくれます。

なのでもちろん、予約したよ報告には「予約してくれてありがとう! たのしみ」と、お返事。当日にも同様のやりとりを口頭でします。

 

2.お店の雰囲気について

 

メガネ氏が予約してくれたフレンチはメガネ氏が以前何度か来たことがあるところでした。

「んだよ、いつの女と来たんだよ」なんて毒づきそうになるとげとげした気持ちを押さえ込み、「わー! すごい。こんなところ来たことない。知ってるなんてセンスいいわ!」というようにほめました。

実際、よかったです。格式高すぎずで、ちょうどよかった。うそはつかない主義です。

 

あと、メガネ氏はワインがあまり得意ではないのですが、わたしが好きなのでワインがたくさんあるお店を選んでくれていました。飲み物をオーダーするときもメガネ氏が「気にせずワイン飲んでいいからね!」とひと言。。。

ついつい「えっでもメガネ氏……」と言ってしまいました。が、「でも、せっかくだから飲みたいな! メガネ氏もちょっと飲む?」と、挽回(笑)。結局べろべろになるほど飲みました(2軒目も行きました。ふたりともアホほど飲みます)。

 

3.味について

 

すごいおいしかったんです! しかも、メガネ氏が「これがすっごいうまいんだ」と教えてくれたものが、とくにおいしかった。だから、「これめっちゃおいしい! 天才的! おいしい!」とアホほど言いました。

 

結果。

「よろこんでくれてうれしい。笑っているところを見られるなら、どこにでも連れて行くし、いくらでも出しちゃう

とのおことばをいただきました。

 

べつにこれ、クリスマスデートだからやったわけではないんですけどね。いつもです。毎回です。デートのたびにやるんです。

 

とくに、メガネ氏はわたしにお財布を開かせてくれません。わたしがお金を出したのはメガネ氏のお誕生日をお祝いしたときくらいです。

 

こういうとき、昔のわたしなら「こんな高いところ……」とか「いや、ワインはいいよ」とか「わたしもちょっと出すよ」とかメガネ氏の気持ちを萎えさせることばを発していたにちがいありません。

最後はもちろん「ごちそうさま! おいしかった。いつもありがとう!」。これしかありませぬ。

 

プライバシーポリシー