二時ごろの言い訳

水商売や恋愛のことをしゃべります。

【メス力】手柄は男にあげてしまえ!

その1はこちら。

about2am.info

 

自粛期間中、2か月くらいメガネ氏は我が家に居候しておりました。

ここで生じる問題、そう、ごはんどうするの? です。

 

神崎メリさんは「ごはんをつくって尽くすな」と提唱されております(というわけで同棲もNG)。

 

わたしは料理が嫌いです。苦手というか、嫌いです。自分が食べる分くらいはつくれますが、人さまに食べさせるものはつくれません。つくる気など毛頭ございませんでした。毛頭は嘘です、毛髪の毛穴分くらいはありました。

 

「つくりたくない」とわたしは主張していませんでしたが、最初からメガネ氏は「ごはんはウーバーイーツか出前館で頼めばいいっしょ」とのこと。わたしにつくってもらう気がありませんでした(以前同棲する話が出たときも「ウーバーイーツを使えばよい」と言っていて、わたしに家事を期待していません。いい男!)。

 

1、2週間くらいの滞在予定だったのでそれでよかったのですが、結局延びに延び。。。

てなわけで、なにかしらつくりましょうとなり、おたがいいろんなレシピサイトをみて、おいしそうなものをリストアップ。スーパーへ材料を買い出しに。

 

最初はふたりで手分けしてつくっていました。でも、手柄はぜんぶメガネ氏にあげるのです。

 

「彼氏がキッチンに立ってお料理している……かっこいい」「えっ めっちゃおいしい。天才。すき焼き担当大臣に任命します」「あれ? お風呂からあがったらお皿が洗ってある。なにこれ、最高、ハッピー!」。など、ほめてほめてほめまくりました。

 

たまに、なんかそれやり方ちがくない? みたいなことがあると、「それって、もしかしてこうしたらよさそうじゃない?」と、わたしも今発見した、というていで提案しました。

 

すると……最終的に、わたしは料理することがほぼなくなりました(笑)。

眠くてたまらなかったときは「寝ていていいからね!」とひとり買い出しへゆき、つくってくれる。

わたしも暇なので、キッチンをうろちょろして手伝うことはないかと聞いたら「ありません。そこで歌でもうたっていてください」とお願いされまして、aikoを数曲歌わせていただきました。「どうしよう、歌ってたらごはんできたんだけど……わたしの彼氏最高すぎない?」ともちろん感謝します。

 

わたしがつくったものといえば、親子丼と、サンドイッチと、おにぎりと、生春巻きのタレくらいですかね。少しはつくりましたよ(笑)。

 

そして、ほめて手柄を男にあげるとね、もいっこいいことあるのよ。ほめられたらほめ返したい! と思ってくれるのか、自分がほめられることも増えます。うれしいね。みんなハッピーだね。

 

彼氏はほめて伸ばす! これ、だいじですな。メリさんありがとうございます。

 

 

プライバシーポリシー