【SS】#002 カレーショップ初恋

「初恋は実らない」
「……ハァ?」

━━━そう言うだろ?
カウンター席で、男が左どなりの男に同意を求める。十中八九、このカレー屋の店名から連想された話題提起だ。ああとかうんとかそうだな、とか答えず、かわりに日替わりカレーをスプーンですくう。問いかけた側の男は店内に流れる、どこかで聴いたことのある昭和歌謡のBGMにあわせてメロディーを口ずさんでいた。

「なんで初恋は実らないんだと思う?」
「……さぁな。経験値がなさすぎて適切な対応が取れねーから、とか?」

━━━ はじめてすきになったやつとは付き合えないっつー話だろ。

スプーンで皿をかちかち鳴らしながら回答を提示すれば、げっ、と声がしてちらと様子を伺う。どうやらすくいあげたたまごをテーブルに落としてしまったらしい。

「……いや、はじめての恋人とは結婚できねーってことでもあんのか?」

━━━その後に待つ出会いが多すぎるからだろうな、こっちの説は。

聞かれたから答えてやっているのに、どれだけ仮説を立ててやっても、うんともすんとも言わない男が3秒ルールを力説しはじめたので、男もカレーの咀嚼に集中することにした。

(5分で書く謎のSS)(続きません)

 

f:id:mnkm7:20211224192747j:image

カレーショップ初恋
03-6416-9503
東京都渋谷区道玄坂1-17-11 ミナミビル B1F
https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13240190/

 

プライバシーポリシー